Grandmother's Chair

This antique chair is from my grandmother's store. Although it is an attractive chair with a beautiful silhouette, it is clearly getting old. One leg is broken and the backrest is so damaged that it looks sad. However, I still find the chair attractive. I tried to repair the chair to make it usable again.

 

It is sad to loose the memories and associated with an old object when it is repaired. It is as if the act of renewal resets the memories that accumulated within the object. It also feels insensitive to fake the age of new parts by ‘distressing’ their surface.

 

In my work I try to acknowledge the patina of time and memories that belong to an object. I replaced the missing leg and the backrest of the chair by using clear resin casts, so as to acknowledge the absence of the originals.My work Grandmother's chair” suggests that in an age marked by problems associated with excessive production and consumption, we could benefit from a rediscovery of our respect for things from the past.

 

 

祖母の家の蔵に古びた椅子があります。それは美しいシルエットをした魅力的な椅子です。

ただ、その老朽化は著しく、脚の一本は折れ、背もたれも酷く痛み、無残な姿になっています。

しかし、魅力は未だ失ってはいません。なんとかこの椅子を再び使えるように再生したい。

そう思い、修復を試みる事にしました。

 

古いモノを修復する場合、一切の古さを払拭し、新品と見間違えるような修復をしてしまうのは、

そのモノが長年に渡って蓄積した記憶を リセットしてしまうようで哀しい。

また、新しく取り替えたパーツをエイジングの技法を用いて古く見せるのも、

そのモノが持つ記憶を強制的に上書きしてしまうようで、これも また哀れです。

 

古くなって痛んだ事も、壊れてしまった事もそのモノが刻んだ歴史であり、記憶です。

失った脚や背もたれは透明な樹脂で元々あったであろう形を想像し、補完しました。

透明な樹脂での補完は視覚的には曖昧なものでしかなく、失ったものは視覚的に失ったまま、

その椅子が体験した事象をデザインの要素として取り込みました。資源の枯渇が危惧される昨今、

様々な対策が試みられています。しかし、モノを使う側にモノへの愛情が無いままでは

過剰な消費は繰り返されるでしょう。

Grandmother’s Chairはモノの記憶を尊重することでモノへの愛情を示した新しい試みです。



Materials :

アクリル

 

Dimensions :

W390 × D415 × H810 × SH395

Copyrights © 2016 "h220430" All Rights Reserved.