Rubber Stool

Regarding the rubber, which has widely used for a long time, a research and development of rubber is moving forward with a progress of the material science. Now, the artificial synthetic rubber becomes popular and plays an active part in this field. On the other hand, a demand of natural rubber keeps expanding since natural rubber is better than synthetic rubber in terms of its physicality and cost. This enlarges a large scale of rubber tree planting, and environmental destruction due to a deforestation become worse mainly in Southeast Asia. Although to use recycled rubber is proposed as one of the approaches to improve this circumstance, this approach is not progressed.

We designed a stool made by recycled rubber taking this situation into consideration. Although a framework of this stool is simple with just bending one piece of rubber plate and holding legs with bolts, a form of this stool is unimaginably elegant and comfortably cushioned with elasticity of rubber. This stool can be stored in a small space by rolling up when it is not in use.

We hope that this Rubber Stool is widely used as one of the usage of recycled rubber and it would be a trigger that people realize the circumstance of deforestation for making rubber.



Rubber Stool 古くから様々な分野で使われてきたゴムは、材料学の進歩により、現在では人工的に 生成される合成ゴムの活躍が目立っています。

しかし、未だ天然ゴムはその物性や コスト面などのトータルバランスでそれに勝っているため天然ゴムの需要は拡大を 続け、大規模な土地利用を伴なうゴム植林を促し、

主に東南アジアでの森林伐採による環境破壊が深刻化しています。

この状況を改善する方法の一つにリサイクル ゴムの利用促進が挙げられていますが、思うように進んでいないのが現状です。

我々は その現状をふまえ、リサイクルゴムを使ったスツールをデザインしました。

一枚のゴム板を折り曲げ、脚の先端をボルトで留めるだけで完成する単純な構成の スツールです。

その平面形状からは想像できない優美な立体形状を持ち、ゴム 特有の弾力性により心地よいクッション性を生み出します。

また、丸めるなどして 少ないスペースでの輸送や保管も可能です。

Rubber Stoolがリサイクルゴムの利用方法の一つとして、また、ゴム生成による 森林伐採の現状を多くの方に知って頂くためのきっかけとなることを願っています。

 

 

Materials :

リサイクルゴム

 

Dimensions :

W320 × D320 × SH400

Copyrights © 2017 "h220430" All Rights Reserved.