Unusual Chair

We keenly realized that we have possibility of great danger in our life infrastructure though

The Fukushima Daiichi nuclear disaster.

After 2 years passed, despite the existence of danger, still showing abnormal test value normally.

Nuclear power plants from north to south in Japan are about to moving again and leave behind a root of the whole problem.

We must always keep in our mind this is not our normal life, people are trying to restart them without offering any solutions, although we are still under great danger.

''Unusual chair'' a chair without a leg, is an expression of not normal current Japanese condition.

 

 

我々は自身の生活を支える基盤に実は大きな危険がはらんでいることを

福島第一原子力発電所事故で体感しました。

あれから二年半が経ち、今なおその危険が確かに存在しているにも関わらず各地で検出される異常値は

もはや常態化し、問題の根源が取り除かれないまま各地の原子力発電所が再び

以前と同様に動き出そうとしています。

異常値が検出される状態はもちろんのこと、それと同じ状態を再び生み出しかねないシステムを

解決策のないまま再稼働させようとしているこの状況が、

我々の日常であってはならないという事を常に意識しなければなりません。

椅子の脚の一部が欠損した『Unusual chair』はそんな普通ではない今の日本を形にした椅子です。



Materials :

Steel , Plywood

 

Dimensions :

W440 × D455 × H810 SH : 420

Copyrights © 2017 "h220430" All Rights Reserved.